作成日:2018年9月26日 更新日:2018年9月26日
公開期限:2020年5月末

4. 研究班報告書

厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)「将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究(H29-がん対策-一般-005)」

[PDF]平成29年度 総括・分担研究報告書

I. 総括研究報告

将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究

II. 分担研究報告

1)持続可能ながん情報提供体制の検討:

  1. All Japanでの“持続可能な”一般向けのがんの情報提供の体制のグランドデザインの作成とそのために必要な要素の検討
  2. All Japanでの“持続可能な”一般向けのがんの情報提供の体制のグランドデザインの作成とそのために必要な要素の検討
  3. All Japanでの“持続可能な”一般向けのがんの情報提供の体制のグランドデザインの作成とそのために必要な要素の検討
  4. 将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究
  5. 将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究
  6. 将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究
  7. 将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究
  8. 将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究
  9. 限られたリソースの中で優先して作成すべきがん情報の選択方針に関する検討
  10. 希少がんにおける情報作成・提供:持続可能性等に関する課題、連携の意義と可能性、そのための検討事項等について
  11. 科学的根拠に基づく信頼できる情報づくりの担い手の育成の検討
  12. 将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究
  13. 患者向け療養情報の提供内容と提供体制のあり方に向けた調査~国内外のウェブサイトの比較より~
  14. 一般向け各種がん情報の構造化の試み
  15. 非専門家と専門家による作成原稿特徴の整理と効率的な情報作成方法の検討
  16. 科学的根拠に基づく質の高い療養情報の作成に必要な参考資料の優先順位および選定方法に関する検討
  17. エビデンスが少ない領域に関するコンテンツ(療養情報)の持続可能な情報作製および提供方法の検討
  18. 患者や家族の質問や疑問の継続的な収集方法と活用方法に関する検討

2)がん相談支援の有効性の検証に関する検討:

  1. がん相談支援センターの有効性の検証のための全体の枠組みの検討
  2. がん相談体験スケールの開発に関する研究~アイテムプールの抽出および表面的妥当性の検討~
  3. がんの診療体験に関するスケールの日本語版の作成に関する検討

> 5. お知らせ