作成日:2018年9月26日 更新日:2018年10月29日
公開期限:2020年5月末

5. お知らせ

2018.10.29:将来に亘って持続可能ながん情報提供体制に関する意見交換会「患者・市民のための情報づくりに向けて:All Japanでの協力・連携の体制づくりを考える」について

厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)「将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究(H29-がん対策-一般-005)」班では、第2期がん対策推進基本計画でも記載され、さらに第3期でも記載されている「国、国立がん研究センター及び関係学会等は、引き続き協力して、がんに関する様々な情報を収集し、科学的根拠に基づく情報を国民に提供する」ことの実現に向けて、具体的な体制やAll Japan(全日本)での国民向けのがんの情報提供のしくみについて検討しています。

研究班では、2018年12月1日(土)に、All Japanでのがんの情報提供体制のあり方について、学会関係者の方々との意見交換会を行うことにいたしました。すでに関係学会の方々にご協力いただいた『「国民向けがん情報」の提供状況と今後のあり方についての調査』の結果のご報告とともに、診療ガイドラインや患者向けのがん情報に関して、患者や家族等の情報ニーズを拾い上げた情報づくりに役立てる方法等の検討をいたします。

日時:2018年12月1日(土)13:00~16:30

場所:国立がん研究センター築地キャンパス 新研究棟 大会議室

〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1

[外部リンク]交通案内(築地キャンパス)

主催:厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)「将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究(H29-がん対策-一般-005)」

主な参加者:

  • 診療ガイドライン作成に携わっている、もしくは携わる予定の方
  • 学会の中で患者向け情報作成に携わっている、もしくは携わる予定のある方
  • 本研究班関係者

人数:約100名

参加費:無料(旅費等は参加される方のご負担となります)

※プログラムにつきましては、下記のご案内PDFをご覧ください。

将来に亘って持続可能ながん情報提供体制に関する意見交換会「患者・市民向け情報づくりに向けて:All Japanでの協力・連携の体制づくりを考える」

PDF

ご参加を希望される方は、下記参加申込フォームの画面からお申し込みください。

なお、人数が多い場合にはご参加のお断りをご連絡させていただくことがあります。また、当日ご欠席された方につきましては、資料の送付などは行いません。ご了承ください。

参加申込フォーム
※すでに学会を通じてご参加が決まっている方は申込不要です。

参加申込フォームで取得した個人情報は適切に管理し、本研究班からご連絡がある場合にのみ、使用させていただくことがあります。当該個人情報は、2020年5月末までに、裁断・焼却・溶解・磁気媒体の消去・破壊等の方法により廃棄させていただきます。

個人情報の取り扱いにつきましては「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご覧ください。

2018.10.05:「2-6. 療養情報の作成方法の検討」「3-2. 療養情報」を更新しました。

2018.09.26:サイトを公開しました。

> 6. お問い合わせ・プライバシーポリシー